エストラーナテープ

エストラーナテープの効果と副作用|妊活・不妊治療・更年期障害なら

エストラーナテープ

エストラーナテープとは、女性ホルモンを補うための「テープ型の貼り薬」のことです。

 

主な有効成分は「エストラジオール」という成分になるのですが、不妊治療や、更年期障害の症状緩和などで、病院で処方されることが多いですね。

 

このサイトでは、エストラーナテープについて分かりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

エストラーナテープの効果って?

エストラーナテープ

エストラーナテープには、女性の卵巣からも分泌される「エストラジオール」という女性ホルモンが含まれています。

 

なので、エストラーナテープを貼ることで、皮膚から女性ホルモンを補うことができるんですね。

 

このエストラーナテープが使われる目的は、基本的には以下の2つです。

 

不妊治療

女性ホルモンを補うことで、子宮内膜が分厚くなるので、着床しやすくなります。

 

しかも、そうなると流産しにくくなるのも、エストラーナテープを使うメリットです。

 

更年期障害の治療

女性の更年期障害の原因は、更年期に女性ホルモンの一種であるエストロゲンが急激に減ることです。

 

なので、エストラーナテープを貼って、女性ホルモンを補うことによって、症状を改善することができます。

 

基本的には、上記の2つの目的で使われることが多いですが、最近では特殊なケースとして、「女性の体を目指したい男性」が、エストラーナテープを使うケースも増えていますね。

 

エストラーナテープの使い方

エストラーナテープ

エストラーナテープの使い方はすごくシンプル。

 

下腹部かお尻に貼って、2日おきに貼り替えるだけです。

ただ、いつも同じ場所に貼ると肌がかぶれたりするので、場所をずらして貼るのがポイントです!

 

ちなみに、エストラーナテープはお風呂上がりとかに貼り替える人も多いと思うんですけど、濡れてると貼り付きにくいので、水分はしっかり拭き取ってから貼ってくださいね。

 

エストラーナテープの副作用

エストラーナテープ

エストラーナテープを使う時に、気になるのが副作用ですよね。

 

まず、1番多い副作用が、皮膚のかぶれ・かゆみ・発疹などです。

 

やっぱり、貼り薬なので、どうしても皮膚トラブルになりやすいですね。。。
特に夏場とか、汗をかく季節は気をつけて下さい。

 

上記でもお伝えしたように、貼る位置をずらしたり、水分を拭き取って貼るという感じで気をつけておけば、多少は対策できます。

 

もし肌トラブルがひどくなるようなら、一旦ストップして、お医者さんに相談してみてくださいね。

 

あと、それ以外でも、以下のような副作用が出ることもあるので、把握だけはしておきましょう。

 

  • 不正出血
  • じんましん
  • むくみ
  • お腹の膨張感
  • 乳房の痛み

 

上の5つ以外でも、もし何か異変を感じたら、すぐにお医者さんに相談するのが無難です。

 

不妊治療にエストラーナテープを使った体験談

エストラーナテープ

不妊治療の際に、病院でエストラーナテープを処方されることもあります。

 

エストラーナテープで女性ホルモンを補うことで、子宮内膜を分厚くして、着床しやすくすることができるんですね。

 

ちなみに、不妊治療でエストラーナテープを使う際には、2日に1枚ではなくて2枚を同時に貼るようにお医者さんから指示されることもあると思います。

 

その時は、下腹部に1枚、お尻に1枚貼るようにしましょう。

 

当サイトでは、実際に不妊治療でエストラーナテープを使った方にアンケートをお願いしたので、それを紹介したいと思います。

 

■年齢:20代
■利用目的:不妊治療

 

2年前から不妊治療をしており、現在は体外受精をしています。

 

もともと生理不順のため、凍結した胚を移植する際になかなか移植までのスケジュールが読めないことが問題でした。

 

またホルモンの値も思わしくないので、自力では十分に内膜が厚くならず、妊娠に至るために必要な厚さになることができませんでした。

 

結果が見えない不妊治療では、小さなことでもストレスとなり精神的なダメージが大きくなります。
体外受精はお金も時間もかかり身体への負担も大きなものです。

 

出来るだけ身体への負担を減らし、更に時間を有効的、計画的に使うために医者や看護師の方々と相談をしてエストラーナテープを使うことになりました。

 

■年齢:40代
■利用目的:不妊治療(ホルモン補充期での移植のため)

 

不妊治療中で、これまではタイミング法を取っていましたがなかなか妊娠には至らず、体外受精に挑戦中です。

 

すでに採卵は済んでいて受精卵を凍結しています。

 

不妊治療と仕事を両立させるために移植日の調整がきくホルモン補充期を選択し、エストラーナテープを使用しています。

 

医師よりエストラーナテープの説明がありましたが、貼るだけで内膜が十分に厚くなってくれるとのことで迷わず使用しています。

 

貼るだけなので痛みもなく、それでいて効果が出るのこのようなものがあってとても助かります。
貼っているときは湯船につかってもはがれないので、便利です。

 

■年齢:30代
■利用目的:不妊治療

 

仕事のストレスから無排卵になって不正出血をして、生理不順になってしまいました。

 

婦人科を受診した時に、卵子が大きくなりすぎて排卵できずにいるようでした。

 

その後子供が欲しいと思った時も不正出血があった月だったので、婦人科でそのままタイミング療法で不妊治療を始めました。

 

一回では妊娠に至らず、生理前の子宮内膜は厚みがなかったので、その時からクロミッドとエストラーナテープを処方してもらいました。

 

毎月子宮内膜がなかなか厚くはならず、妊娠しにくいとわかっていましたが、エストラーナテープを使うようになってから理想の内膜の厚さになりました。

 

その後無事に妊娠に至りました。

 

■年齢:40代
■利用目的:不妊治療

 

不妊治療を始めて、タイミング療法、人工受精、とステップアップした後、体外受精の採卵、移植の際のホルモン補充として、主に移植後のホルモン補充で使用していました。

 

何軒か病院を転院して、いろんな方法を試しましたが、どの病院でも、移植後にはエストラーナテープを処方されました。

 

移植前の血液検査やエコーでの子宮内膜の発育具合が悪い(遅い)場合にも内服薬と共に使用していました。

 

一度に2枚から、最高で10枚を貼ったことがあります。

 

移植前の場合はたいていは、スケジュールが決まっていて、最初は2枚から4枚になってとか、徐々に増やしていく感じで、移植後はずっと同じ量を結果が出るまで続ける感じでした。

 

更年期障害の症状改善でエストラーナテープを使った体験談

当サイトでは、更年期障害の症状改善のためにエストラーナテープを使った方にもアンケートをお願いしているので、それも紹介しておきたいと思います。

 

■年齢:30代
■利用目的:婦人科系の手術をした為ホルモンバランスをちゃんとするため

 

20代後半の頃に婦人科系の病気(子宮頸がん)で子宮全摘出手術しました。

 

術後20代後半だったので子宮全摘出にともなって、今後女性特有の更年期障害の症状(イライラ、耳鳴り、ホットフラッシュ)などが起こってくるのとの説明をうけました。
絶対症状が出てくるとはわかりませんが…

 

その為主治医と相談し漢方薬とかよりはエストラーナテープを利用のほうがいいのではと進められ利用することになりました。

 

2日に1度貼り変えることをちゃんとしていれば大丈夫だし(たまに忘れてしまう時がありますが)飲み薬と違って楽だといえば楽なのかなと思いました。

 

エストラーナテープを利用して5年過ぎましたが、特にこれといった不具合はありません。

 

■年齢:55歳
■利用目的:更年期障害の症状改善

 

更年期障害の症状として、私の場合は、体のだるさ、耳鳴り、たちくらみ、手足のしびれと、体が大変でした。

 

また、精神面でもイライラ、不安感、不眠等で苦しく、婦人科を受診してエストラーナテープを処方してもらいました。

 

今も貼っていますが、症状が楽になっています。

 

【まとめ】エストラーナテープは通販で購入でも購入可能

エストラーナテープは、医師の指示に従って、間違った使い方をしなければ、安全に使えます。

 

なので、病院で処方してもらった方は、安心して使っても大丈夫です。

 

この記事が、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

page top